1 2 3 4 5 次へ>>

2005年09月11日

トラフグが釣れるとの情報で行ってみたが…

チヌ.jpg
ミニボート
釣場 / 常石沖  エサ / 本虫、オキアミ
釣果 / チヌ2匹、グチ3匹、フグ25匹
天気 / 曇り晴れ  干潮10:15 小潮 (旧暦8月8日) 水温26度

10月前後に30オーバーのトラフグが釣れるとの情報を聞き勇んで行った
釣り場は浅く、底はダベでこんな所で釣れるのか半信半疑で釣り開始
ところが、早速7時頃に大きな当りがあり、釣り上げてみる32cmのチヌが本虫の投げに来る
フグも釣れるが、名古屋フグとマフグ?の小型ばかり
続けて26cmのチヌが釣れ、その後も立て続けに大きな当り
これは、まぐれでなくもしかしてチヌの穴場かと一瞬喜んだが、上げてみると30オーバーのグチ
本命は一向に来ず、10頃から全く当り無し、正午に納竿

後で調べてみると背面に小棘があり、これはマフグではないことがわかる
色は緑っぽくクサフグにも似るが、臀ひれは白く胸鰭後方にある大きな黒紋は鮮明でトラフグにも似る
もしかして、これはトラフグの幼魚か??


posted by ガンさん | コメント(0) | 9月の釣行 | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

早くも「ふぐちり」で一杯

フグ.jpg
ミニボート
釣場 / 常石沖  エサ / オキアミ
釣果 / 名古屋フグ 30匹、トラフグの子 13匹
天気 / 曇り 一時 小雨  満潮 11:48 大潮 (旧15日)  水温26.1度

先週に続き同じポイントに行く
今度は、10艘くらいの釣り舟が出ていた
先週はチヌも来たので、本虫を多めにと思ったが2軒とも売り切れ
仕方なくオキアミと青虫を買う
満潮の汐止まり11時〜12時を除き型は小さいがコンスタントに釣れる
粘っても本命?の大きなトラフグは来ないので15時に納竿


● 帰って早速フグ刺しで一杯
夜はふぐちりにしたが、まだ蒸し暑くて熱い鍋ものは汗が出る
やはり鍋は冬でないと

ところで、この辺の名古屋フグには毒が無いと聞いたことがある
図鑑で調べたところ名古屋フグは、ナシフグやコモンフグ、ショウサイフグなどを総称しており、何れも猛毒と書いてある
名古屋フグの名の由来を見てビックリ
あたったら尾張名古屋 (=終り) から付いた名らしい

ちょうど今日のニュースで、どのフグの肝かわからないが自分で料理して食べ、朝起そうとしたら死んでいたと報じていた
こんなニュースを聞いても、一度うまい味を知ったらもう止められない (身だけ食べれば死ぬことはないと思いますが‥‥)

【参考】 有毒魚介類 フグの種類
posted by ガンさん | コメント(2) | 9月の釣行 | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

徐々に数が釣れるようになりました

フグ.jpg
ミニボート
釣場 / 田島
釣果 / 名古屋フグ64匹、トラフグ10匹、グチ2匹、エソ1匹
天気 / 曇り のち晴れ  干潮7:56 中潮 (旧20日)  水温26.2度

型は小さいが数釣りが楽しめるようになり、これら涼しくなるにつれ大いに期待できます
今日は、上記の魚種のほかにサバフグ、クサフグ、イイダコなど五目釣りになり、釣った魚を携帯で撮り、自分だけの魚図鑑をブログで作ることに決めました

posted by ガンさん | コメント(0) | 9月の釣行 | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

フグはちょっと早すぎた

チヌ.jpg
ミニボート
釣場 / 常石沖  エサ / アオクラ、オキアミ
釣果 / チヌ2匹(36cmと30cm)、小フグ10匹、キス2匹、グチ
天気 / 雨 中潮 (旧18日) 満潮 12:19  水温23.1度

天気予報では小雨とのことだったが、長く釣りに出かけてないので無理して釣行
ところが、一時どしゃ降りとなり、雷もゴロゴロ
造船所のドッグ下に退避、その後も降ったり止んだりで大変でした
早くフグを食いたくて期待していたのですが、今年はまだ早いようです
昨年、この時期にチヌが釣れたのでアオクラも持参して投げていたら11時頃に36cmのチヌと12時頃に30cmのチヌが釣れる
今度、チヌ専門で狙ったらもっと釣れそう
posted by ガンさん | コメント(1) | 9月の釣行 | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

新たなフグの穴場を求めて

フグ釣
漁船
釣場 / 百島・加島・向島沖  エサ / オキアミ
釣果 / フグ20匹、グチ6匹  水温 / 28度
天気 / 曇り 大潮 (旧14日) 満潮 8:50  水温 27.3度

先週は雨の中、松永湾や常石沖にフグを求めて釣行しましたが、10匹程度の貧果
お恥ずかしい限りで、ブログに載せるのを止めました
リベンジするぞと今週も繰出すが、初めてのポイントでは思うように行かない
船が集まっている所が気になって、あっちに行ったり、こっちへ行ったり、落ち着かない
最初から同じところで粘っていればもっと知れたはず
帰る途中に手を振る人があり、先ほど船の購入や係留で大変お世話になったTさんと偶然にもお会いしたばかりなのに、今度は誰でしょうか?
近づいてみるとバッテリーが上がってエンジンがかからないようだ
ケーブルを繋いでみても掛からないので結局、干汐漁港まで曳航してあげました
知らない人でも、こうした時には親切にしておかないと、いつ我が身に降り注ぐかも知れないので…
posted by ガンさん | コメント(7) | 9月の釣行 | 更新情報をチェックする
1 2 3 4 5 次へ>>