2006年10月28日

フグ本番 「ナゴヤフグ100匹オーバー」

フグ.jpg
ミニボート
釣場 / 田島  エサ / オキアミ
釣果 / ナゴヤフグ102匹、サバフグ1匹
天気 / 晴れ 小潮 (旧7日) 干潮 8:52 水温22.3度

今日の予定が急遽キャンセルになり、フグシーズン本番のこの時期を逃してはたまらないと、明日も小父さんと釣り予定だが、連荘(レンチャン)で釣りに行く
行ける時には行っておかないとね

フグ釣りについて質問されている二見の溝畑さんのために、私の釣り方を少し詳しく記載しておく

7時前に釣り場に着きアンカーを下して釣り開始するが、5分以上もエサが付いたまま。
ポイントが違ったか?
10〜15m移動して仕掛けを下すと、一番下のエサが取られた
ここには居そうだと、小さな当たりでも空あわせ
空合わせを繰返すことで、他の針に付けたエサが落ちて撒き餌になる
すると徐々に下の針から釣れ始める。
上の針で釣れるだすとしめたもので、食いがたってきた証拠
7時30分頃から潮が速くなり入れ食いとなる
ダブルも何度か
この調子では楽勝で三桁か?
しかし、入れ食いはそんなに長くは続かず、干底に近い8時30分ごろに潮が止まり、パッタリと釣れなくなる
それからは、ポツリ、ポツりと
10時頃から満ち上がり潮が速くなり、またもや釣れ始めるが、満ち潮はとても早く8号の錘では流され底につかないので25号に交換
しばらくしてエサが付いたままになり、辺りを見まわすと走錨(そうびょう)している
元の辺りへ戻りアンカーを打ち替えるが、ポイントがずれたのか、潮が早すぎるのか全く釣れない
そこへ、「こんな所で何が釣れるん」とボートが近づいてくる
こんな時、釣れなくても良いのに当りがあり、しかも重い
もしかして大物か?
上げてみると良型のフグの腹に針がスレでかかり、まん丸と膨らんだフグを見て「ハッハッハ」と笑われる
まん丸なので水の抵抗で重く、しかも竿が細いのでやたらしなっていた
「こんなものしか釣れんわ」と言うと、その連中はフグが嫌いらしく「どこも釣れんの〜お」と逃げていく
私だけの秘密のポイントが知られず安堵
やはり三桁は無理みたいなので午後2時頃に帰ろう思ったが、その頃からまたもや釣れ始め2時30分前後には入れ食い。しかも、むこう合わせ
いくら釣ってもきりが無いので、食いが少し治まった3時前に納竿

帰る道々、どこに魚を配ろうかと思案するのも釣りの楽しみの一つだが、素人がさばいたフグは敬遠する方が多く、どこへでもと言う訳にはいかない
同じ所に毎回配ると「釣りキチガイ」とバカにされそうだし…
しかし、100匹をさばくのは大変でした

翌日も近所の小父さんと釣り(フグ以外)に行く
連荘でボートを出したのは記憶に無いが、無理して今日も釣りに来たと悟られるのが嫌で昨日のことは内緒
この日は船頭役に徹したので私はあまり釣れなかったが、釣ったタコやイカはその人にお土産としてあげる
するとこんなに食べられんわと、調理したものを持って来られたが、昨日の残りのフグがあるとも言えなくて…


posted by ガンさん | コメント(9) | 10月の釣行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の為に詳しく記載して頂きましてありがとうございますm(__)m
なごやふぐ102匹とは、すごい!すごすぎます!私の方は今もなごやふぐ1本で頑張っていますが相変わらず1〜5匹の結果が続いています。
食べるのが一番の目的なので、空腹感があるとまたまた釣りへの闘志が出てきます(笑)
私の場合、水深7m前後の浅瀬では何度もサバフグの猛攻に苦しみましたので、現在は水深20〜25mの砂泥地で流し釣りをしています。でも1時間に1匹釣れれば上出来の状態です。
オモリ8号で釣れる場所ということは水深10mまでぐらいの場所ですよね?
やっぱり私の釣っている場所自体が全く見当違いなんですね(^_^;)
海底の質とか水深とかはどういう場所を選定すべきなのでしょうか?
それとオキアミはSサイズを5号ハゲ針に2匹抱き合わせで付けていますがこれも良くないのでしょうか?
毎度毎度の質問ですみませんが是非教えて下さい。
Posted by 溝畑 at 2006年11月01日 20:48
最初の頃はアンカーロープに印しを付けて水深がある程度測れるようにしていましたが、何度かアンカーを取られ、今は何もしてないので正確にはわかりませんが、大体10m弱でしょうか
底は砂地のはずです
オキアミはLLを一つ付け
針は5号から8号を使い分け
食いが渋い時は小型が多く5〜6号のハリですが、ハゲ針は返しが小さいので大型のフグが釣れるとバレることが多く、食いが立つと7〜8号に交換します
大きいのを逃がすと悔しいので…
私も、最初は流し釣りをしていましたが、よく釣れるポイントを発見し、今では専らそこで掛かり釣りです
Posted by ガンさん at 2006年11月01日 21:25
そうですかぁ、やっぱり私も10m前後の所で釣れる場所を探して頑張ってみます。
7号っていうと結構大きな針ですよね。あのフグの小さな口には大きすぎてと思い用意してませんでしたが今後のもしかしての大物に備えて私も用意しておきます。
いつもいつも色々教えて頂きまして本当にありがとうございます。まともな釣果が上がりましたら報告させていただだきます。でもその前にまたまた質問させていただくかもしれませんけど・・・(笑)
Posted by 溝畑 at 2006年11月01日 22:18
はじめまして、私も尾道近海でふぐ釣ってます。
近年とらふぐの釣果があまりよくないのでナゴヤ釣ってます。それにしても100はすごいですね。
Posted by めかり at 2006年11月04日 02:05
めかりさん、書き込みありがとうございます
トラフグはいいですね <img src="https://blog.seesaa.jp/img/emoji.gif">
私も昨年から常石沖でトラフグに挑戦していますが、型は小さく、今年はさっぱりでした
いいトラフグのポイントがありましたら情報よろしくお願いします
Posted by ガン at 2006年11月04日 14:30
今年のトラフグの釣果は型は小さいけど松永湾が安定してました。2回行って40匹平均でした。例年なら9月上旬まで松永湾を攻めて中旬以降は加島、百島、森の瀬、当木島、と攻めるわけですがここ4年間はさっぱりです、、、、周りの仲間たちも楽しみがないとふぐ釣りをやめた者もいます。ちなみに数は釣れども30センチオーバーを狙いたいのであれば立花の洲の西の浮標周りの推進7メートルにアンカーリングして釣れば良いと思います。あそこはいますよ、以前たてつづけに30センチ級を3匹釣りました。今年も仲間が釣り上げています。ただし潮が早いポイントなので小潮の満ちアジロです。以上で今年のトラフグの情報を終わります。今日は日曜参観日で釣りにいけなかったので明日私も田島(心配しないで自分のアジロの中学校沖)へ行ってこようと思います
Posted by めかり at 2006年11月05日 22:40
めかりさん、詳しく情報提供頂きありがとうございます
30cmオーバーのトラフグが釣れるとは噂で聞いていたのですが、台風でイケスから逃げたんだろうと思いきや、この辺りにも本当にいるのですね
今年はもう遅いのでしょうから、早くも来年が楽しみになってきました
ありがとうございます
Posted by ガンさん at 2006年11月06日 16:58
何時も楽しみに拝見させて頂いています、福山市松永町の中尾と言います。釣行内容、釣行場所が似ている為、興味深く拝見し参考にさせて頂いています。釣果は敵いませんが、釣行回数には自信があります。週二日の休みで一日は必ず釣行しま。11/18(土)に常石沖へ甲イカの予定です。情報がありましたらお聞かせ下さい。二年前の釣果を期待して行きます。突然ですいません。
Posted by 中尾 義三 at 2006年11月14日 21:04
中尾さん、書き込みありがとうございます
一昨年(平成16年)の11月下旬〜12月中旬は良型のコウイカが爆釣でしたね
多い日には一人で65匹釣れました。たくさんの船が出で、航路をふさいだりして…
確か、その5〜6年前にもそんなことがあり、イカが湧く周期があるみたいです
このあいだチョッと試してみましたが、どの船もあまり釣ってなく、今年は多分期待できないのでは…
毎週にでも釣りに行きたいのですが、なかなか行けない事情がありまして、もし釣れたら情報よろしくお願いします
Posted by ガンさん at 2006年11月14日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [任意・非公開]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック