2010年01月24日

待ってました! ふぐ釣り

フグ.大漁.
釣り船
釣場 / 弓削沖  餌 / オキアミ・冷凍エビ 仕掛け / 胴付き
釣果 / 2人でナシフグ (20〜30cm) 92匹
天気 / 晴れ  長潮(旧10日) 干潮 11:20分 水温 8.75℃

昨年の3月初めに弓削沖へ初参戦したが、今年は早く行きたくて、そろそろ調査釣りにでも行こうかと思っていた矢先、新聞の釣り情報にフグが釣れだしたと載っていた。それも、1kg位が混じるとか ?
それ以来、そわそわしっぱなしで、昨夜は子供が遠足に行く前のように、興奮してかあまり眠れない
タチウオ釣りの船団をスルーして弓削沖に直行
早朝からフグ釣りの船がたくさん出ており、その船団の真ん中に入って一流しした後、移動すると、なんだか船が重く、右に傾いている
何か変なので、バッテリーが入っている区画のフタを開けてみると、バッテリーは完全に水没している がく〜(落胆した顔)
船底に穴でも空いているのか? 沈没するぞ!
この時ばかりは直ぐさま救命胴衣を取り出して、水中ポンプで水を汲み出しながら陸の方に向かう
しかし、濡れて漏電したのか、水中ポンプのコードから白煙が出たかと思うと焼け切れて万事休す
周りにはまだ多くの釣り船があり、ここで助けてくれ〜と SOS を出すのもかっこ悪く、どこから浸水しているのか、バッテリーが入っている区画の奥に手を入れてビリビリ感電しながら探ってみると、陸揚げして水抜きす時に開けられている穴の栓(ドレンプラグ)が抜けている
原因がわかり、先ずは一安心
船団から離れた所でアンカーを打ち、応急措置して手で水を汲み出すが、大変な量である
来たばかりで直ぐに引き返すのもガソリンが勿体無いので、排水しながらついでに竿もだす
すると、直ぐに30cmクラスのフグが釣れ、それからは断続的に入れ食い状態が続く
朝のトラブルも何時しか忘れ、釣りに夢中
今度は、フグの重みで船が沈みそう
それは無いか わーい(嬉しい顔)
13時頃から風が強くなり、船の修理もあるので、そろそろ帰還

捌くのが面倒なので、そのまま飲み屋に差し上げて一杯やろうと待っていたら友人にすっぽかされて、これから一人で捌くのが大変
大きめのヤツは、ヒレ酒用に尾びれを切り取り、水屋のガラス扉に張りつけて乾かす
やっと片付けて、自作ぽん酢でフグコースを食べる バー
hire.jpg


posted by ガンさん | コメント(8) | 1月の釣行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガンさんはじめまして、いつもブログを
拝見させていただいております
府中ぼうずクラブ管理人です

ふぐシーズン到来ですね
今後共、よろしくお願いいたします
Posted by 府中ぼうずクラブ at 2010年01月25日 10:52
私も府中ですが、府中にそんなクラブがあったのですね
時々ブログを拝見させていただきます
もし、海でお会いしましたら宜しくお願いします
それにしても、私の沈みそうなポンコツと比べ、いい船ですね !
Posted by ガンさん at 2010年01月25日 12:18
 フグの豊漁おめでとうございます。
 私は、1/17に島根半島(ここがホームです)の地磯からグレを狙うがクサフグのオンパレードでした。30cmオーバーが5匹、40cmが2匹(生まれて初めてタモを出しました)、それ以外の十数匹はリリースです。
 さすがにこのクラスは食してみたく調理しましたが、まな板をよく洗わないで刺身にしたせいか、半身を食した後に舌が軽く痺れ、次の日は偏頭痛。午前中に頭痛は引き普通の体調に戻りました。瀬戸内海の男としてはお恥ずかしい限りです。
 大きくへこんでいましたが、プログを拝見させて頂き、いざリベンジに燃える今日この頃です。
Posted by ふじやす at 2010年01月25日 12:33
 追加コメントです。
 ガンさん。府中だったのですね。
 私は、小学校まで新市中央小でした。
 芦田川の支流で今は亡きおやじに連れられて、ハヤ、フナ、コイを釣って遊んでくれた懐かしい日々を思い出しました。
Posted by ふじやす at 2010年01月25日 12:38
尾造横に係留していると言われてましたが、島根にまで釣りに行かれるのですか
ナシフグは、瀬戸内海のこのあたりで釣れるのは身に毒は無いけど、他の海域のは身にも毒あるようなので、注意が必要です
マナ板はよく洗わず刺身にしますが、これまでしびれたことはなく、他の海域のフグはたぶん毒性が強いのでしょうね
Posted by ガンさん at 2010年01月25日 12:55
大漁でしたね!あわや浸水の危機を乗り越えて頑張りましたね。(脱帽(^−^))実話私も当日同じポイントにいました。アッ〜がんさんだぁ〜挨拶をしなくては!と思ったらなんと(@_@)がんさんの船は、フルスピードで西に移動?船団を離れて?あそこがポイント?でも私は、フグ一年生ですから船団から離れる勇気がなくてまずは、船団周辺で釣りましたがそこもマアマアでした。結果は、がんさんの方が多く釣られたようですね。本日のビックリは、フグの大きさは元より同船した私の奥さんが私と同数位釣った事(やるなア〜おぬし)頭が上がらない一日でした。当分楽しめそうですね。
Posted by YOUKEN at 2010年01月25日 20:50
 まぎらわしい参加ですみません。
 数年前に仕事の都合で島根に転勤です。釣に本格的にハマったのも島根に転勤になってからです。
 冬以外は実家の尾道に最低月1回は帰省し船釣を満喫しています(船は親戚同士で共同購入しました)。
 日本海では、陸から、実家では船釣と贅沢な環境です。
 12月中旬までは日本海でアジコが入れ食いなので、来シーズンはそれを生餌に瀬戸内海でタチにリベンジする予定です。
Posted by ふじやす at 2010年01月25日 20:53
YOUKENさん、おはようございます
昨晩もフグ鍋で飲みすぎ、早くからグ〜です
あの時、傍におられたのですね、周りを見渡す余裕なくて…
私は、流し釣りが苦手で、船団の真ん中にアンカーを打ったら叱られるので、皆んなから外れたところで釣ってましたが、たまたまそこが良かったみたいです


ふじやすさん
瀬戸内海と違って日本海は大物などがよく釣れるのでしょうね
井の中の蛙で、一度日本海にも行ってみたい
Posted by ガンさん at 2010年01月26日 07:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [任意・非公開]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]