2008年12月28日

逃がした魚は大きい

カレイ.jpg
漁船
釣場 / 田島、横島  餌 / 本虫、青虫
釣果 / 1人でカレイ(37cm)、マゴチ(38cm)、キス、名古屋フグ
天気 / 晴れ 大潮 (旧2日) 満潮 12:20 水温 12.6度

出掛けに女房から、息子が今日帰郷してくるのでしっかり釣って来てとパッパをかけられる。
プレッシャーには弱い方なので、どこに行こうかと迷う。
釣り雑誌に昨年の今頃、カレイが大漁と報じてたポイントに行くと陸から多くの釣り人が竿を出している。
でも、そこは餌取りばかりで直ぐに餌が無くなる。
11時に実績のある横島へ移動すると、第一投目で37cmのマコガレイ わーい(嬉しい顔)
最初からここに来ていればと後悔するが、その後はダメ。
14時頃、餌が底をつき、これが最後かと思っていたらリールが巻けな程の大きな当り。゜
ラストチャンス!!! ハリスを切られてはと慎重になりすぎ、根?に入られてバラす。
逃がした魚は大きい もうやだ〜(悲しい顔)

ビール 男の料理
カレイを捌いてみると大きな白子。
白子
白子の確立は低く、ヤッター わーい(嬉しい顔)
軽くボイルしてポン酢で少し味見してみるとフグの白子に勝るとも劣らず グー!
名古屋フグにも白子らしきものがあったが、これは流石にスルー。
量は少なかったけど、息子達に刺身や吸い物など料理の腕を振るいました。


posted by ガンさん | コメント(2) | 12月の釣行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は、先日釣ったカレイも白子を持ってました。
オスだけが浅場に居残っているため、数がでないのでしょうかね?メスはいずこに!
 白子も、少し取れたエンガワもおいしかったので、贅沢はいえませんが・・・。
 それはそうと、先日NHKで水中カメラでマコカレイを釣るシーンをみましたが、単独行動で泳ぎ、時々止まって顔を上げ目を突き出して、餌を探していました。また、潮が止まった時には砂にもぐり、食い気が極端におちていました。餌を食う時は泳ぎながら一気に飲み込んでいましたが、これらの映像 なかなかおもしろかったです。
Posted by 釣り吉 at 2008年12月30日 07:18
先日、山形県鶴岡市の飲食店でフグ料理を食べた7人が手足のしびれを訴え、二人が意識不明の重態になった事件はヒガンフグの白子を出したようです
店主は調理師の資格をもってなかっようで、ビックリ!
ヒガンフグやコモンフグ、ショウサイフグなど毒性の強い魚を総称して名古屋フグと呼び、本当にあたったら尾張 (終わり) 名古屋だ
Posted by ガンさん at 2009年01月28日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [任意・非公開]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]